通潤橋 [国指定重要文化財]

年間イベント・お祭り

event

festival

山都の熱い祭り

8月下旬から9月中旬に掛けて開催する、火伏地蔵祭、八朔祭、清和文楽の里祭りを「山都の三大祭り」と呼んでいます。

  • 八朔祭
  • 火伏地蔵祭
  • 清和文楽の里まつり
  • 神楽祭り

八朔祭

江戸中期から約260年の歴史を持つ八朔祭。八朔(旧暦8月1日)の日に始まり、五穀豊穣、豊年祈願の祭りとして、代々受け継がれてきました。祭りのはじまりは、商家の人たちが農家の人をねぎらい、手厚いもてなしを行ったことに由来します。八朔祭のために作る「大造り物」は、竹、杉、すすき、松笠などの自然の材料を使い、各連合組が技術を競い合いながら作りあげます。大きいもので高さ4mを超える大造り物が八朔囃子とともに何体も町内を引き廻される様は圧巻です。

■9月第1土曜日、日曜日

火伏地蔵祭

毎年8月下旬に行われ、各町内で奉納される「造り物」や勇壮な「裸みこし」で知られるお祭り。起源は、永禄6年ともいわれており、その昔、名物の「造り物」は商家ごとに奉納。茶碗などの日用品をはじめ、各商家で取り扱う商材が材料になっていました。解体した後も売り物にできるよう、釘やノリなどは使わず作られており、今でもその手法は受けつがれています。

■8月下旬

清和文楽の里まつり

昭和58年より、毎年9月の中旬に開催されるお祭り。県の重要無形文化財「清和文楽」の特別公演をはじめ、高原野菜や特産品の展示即売会、ステージイベントなどが行われ、会場は多くの見物客で賑わいます。

■9月中旬

神楽祭り

その昔、二瀬本神社の「二瀬本夜渡神楽」は、1月下旬の夕方から翌朝まで夜を徹して33座の舞が奉納されていました。周囲は幻想的な世界に包まれていました。現在では時間を短縮して行われています。
九州山地神楽祭りは、例年1月下旬に開催。地元の二瀬本神社神楽、白石神楽、高畑阿蘇神社神楽に加え、近隣町村などの神楽との共演を観ることができます。(白石お天道さん神楽祭り、二瀬本夜渡神楽、九州山地神楽祭り)

■1月下旬

  • 八朔祭
  • 火伏地蔵祭
  • 清和文楽の里まつり
  • 神楽祭り
schedule

スケジュール

上旬男成神社春の例大祭「少女神楽」(男成神社)
GWゴールデンフェスタ(清和文楽邑)
下旬矢部新茶まつり(通潤橋前)
ホタルの見頃
下旬ブルーベリー収穫時期
中旬~8月中旬リレー夜市(浜町商店街)
下旬~8月上旬絵本カーニバル(清和文楽邑)
下旬馬見原モライアスロン(馬見原商店街一帯)
下旬火伏地蔵祭(馬見原商店街一帯)
第1土曜・日曜八朔祭(浜町商店街一帯)
中旬清和文楽の里まつり(清和文楽邑周辺)
下旬九州脊梁山脈トレイルランin山都町(小川岳・向坂山・三方山一帯)
上旬秋の奉納祭 薪文楽(大川阿蘇神社)※要予約
3日緑仙峡もみじまつり(緑仙峡フィッシングパーク)
第1日曜青葉の瀬秋まつり(青葉の瀬)
上旬蘇陽峡もみじ祭(蘇陽峡長崎鼻展望所周辺)
中旬秋の収穫祭in通潤橋(通潤橋周辺)
第4土曜白石お天道さん神楽祭り(蘇陽地区西部地区交流館)
1日新春初売(清和物産館)
2日清和文楽新春公演(清和文楽館)
下旬二瀬本夜渡神楽(蘇陽地区二瀬本コミュニティセンター)
下旬九州山地神楽祭り(山都町蘇陽総合支所)
中旬日向往還歴史ウォーク(山都町一帯)
下旬初市(浜町商店街・馬見原商店街)
上へ戻る
Loading...